バリ島はどんな島?

南国の島として人気のある観光地、バリ島をあなたはご存知ですか?
バリ島をひとつの国と勘違いしている人がいるほど名前が知られています。

バリ島とは、インドネシア共和国にある島であり、インドネシア最大の観光地です。
その人口は約320万人であり、面積は東京都の約2.5倍の広さです。
バリ島の気候は、亜熱帯性気候で4月から10月頃までの乾季と11月から3月頃までの雨季に分かれています。
乾季の時期は、雨が終日振り続けるということは滅多になく快適に過ごすことができるのです。
雨季の時期には、1日に何度かスコールに見舞われてしまい、1日中続く場合もあります。乾季の時期と比べ湿度が高くなり、じっとりした暑さになります。

年間平均気温は約28度であり、気温だけ聞くと暑く感じますが、日本と比べると湿度は低く、過ごしやすい気候です。バリ島は、この過ごしやすい環境と島の南側にあるビーチ・リゾートが開発されており、世界的な観光地となっています。

かつては、観光客で一番多かったのが日本人だったほど、人気がありました。そのため、一部で日本語が通じるところもあります。そして、バリ島の観光客はリピーター率が多いと言われています。
バリ島は物価水準が比較的低いため、若年層の方々でも十分に楽しむことができるのです。

このバリ島の魅力は、実際に足を運んで、自身の肌で、目で、耳で感じてみなければ分からないことが多いのです。機会があれば、ぜひこのバリ島の魅力を味わって頂きたいものです。

Copyright © 2014 バリ島の魅力を知ろう! All Rights Reserved.